大森海苔 丹右ヱ門の記憶

~300年の歴史がある海苔漁場であった大森の過去と現在~

お宝写真発見

先日家を整理した際に、もう無いかと思っていた昭和初期の古い写真が沢山出て来ました。

その中で貴重な海苔時代のものが複数あり、大喜びです。


その中の一つ、海苔が終った時の記念を浦守稲荷神社に奉納した写真がありました。
祖父はそれぞれ古い写真の裏に、年代や詳細を書き込んでくれているので当時のどのような背景で撮影されたかが良く分かるのでありがたいです。

f:id:nameto:20200325132329j:plain

写真の裏にはこの様に記されていました。

『昭和参十九年五月吉日 浦守稲荷神社の社殿の前にて、徳川時代より三百有余年の長きに渡り、先祖代々により営み受け継がれてきた全国随一の本場浅草海苔の名産地である大森漁業協同組合の漁業が昭和参十九年日本で初めてオリンピックが開催される為に、羽田空港と都心を結ぶ高速道路1号線建設の為に国と都に漁業権を買い上げられ我々組員は漁業補償によって先祖伝来の乾海苔採取業として最終のピリオドを打った。 東川丁場、甲東川一部、二部、浦守丁場、乙東川一部、二部、三部、森ヶ崎丁場 右の各丁場の名称と組合員の氏名の記念』

そして、当丁場19名の名が記載されていました。



漁場権放棄に関する議題で当時の漁業組合は荒れに荒れたそうです。小さい頃より海苔採取業を行ってきて、それが一切出来なくなると死活問題です。補償金は出るもののいつまで持つか分かりません。
因みに、都から補償金として330億円が決定し、世帯によって金額が決定していきました。

今年はオリンピックが延期しましたが、これは前回のオリンピックでの話。昔の写真をずっと見ているとそう遠くない事のように思えます。

船の錨

海苔が終わって約60年、蓬莱丸の錨と思われるものが今でも家にあります。

かなり錆が酷いです。

f:id:nameto:20200320011143j:plain

当時の海苔文化の物は文化財に指定されているため、資料館に寄贈するか悩んでいますが
家に現存する数少ない海苔時代の物のため
家に置いておくことにしています。

昔の物で、地域に寄贈したもので知っているのは大森第四小学校の餅つきに使用する臼だけです。

海苔の道具も寄贈したと聞いたような気がしましたが、事実確認ができずに叔父から聞いた話だと「海苔が終わったら毎日のように燃やしていたよ」と耳にしたときはがっかりしたものです。

海苔漁が出来なくなったとなれば無用の長物のためどんどん処分される海苔養殖の道具たち。

このままでは当時の文化の記録がなくなってしまうと危惧したのは大森第一小学校の教諭であった田口久雄先生。

この方の運動のお陰で、今でもいくつもの資料が残されています。


このように先人の苦労・生活・姿という歴史を残していくことを大事に思っている人がいるからこそ、文化財というものは残っているのですね。

昔からあるものを捨てるのは簡単、保存していくべきものを見極めて残していくというのも子孫にとって大切な事かもしれませんね。

東友会2

昨年の新年会より、早一年が経過しました。
例年、1月の3、4週目に明治創業の天ぷらの店「天仲」で芸者を呼んでの新年会を行いますが、残念ながら先客が予約済みで今年は大森駅ヴェルポートの中華店「銀座アスター ベルシーヌ大森」にて食事をしました。

ここは7年程前に家族で行った思いでの場所でもあります。


今年は役員改正の年であり、3年を一期とする幹事となりました。後日の役員会では重要な金庫番の会計も合わせて担うことになり、後日引き継ぎ作業を行い中々大変になりそうです。


そして、いよいよ来年は100周年を迎えます。
地域でここまで歴史のある会は大変貴重です。大先輩方は現状、会員で亡くなられた方の法要及び周年の食事を考えられていますが、自分は更に会の歴史をまとめた資料集を作成することを発案しております。

大正10年10月より世代交代で100年継続した訳ですが、初期の資料を保管されているお宅は限りなく少ないと思われます。
発起人の名簿や発足に至った経緯などを知る方は極々僅かです。

聞き書きや、現存する資料の内容、歴代の会長や、世代交代の関係、周年行事の写真などをまとめることにより、中々のものになると思われます。
あると無いとでは全く異なり、大先輩方にも懐かしがって頂ける事かと。

後日の役員会ではそこのところを先輩方に意見を頂きたいと思っております。




初めての役員会では、引き継ぎ・食事の後に昔話が繰り広げられていました。
どれも初めて耳にする事で7、80年前の地元の全く異なった様子を聞けました。
今では肉屋、パン屋、中華屋、魚屋だけになった商店街。当時は大変栄えており、現在建て売りが並ぶ住宅街にずらーっと店が続いていたということを知りました。
幼少期にあった食器店、和菓子屋、呉服屋、八百屋はコンビニや大型の商店が出来てから次第に姿を消していきました。
そして、今まで青年会でもよく利用し、中学時代剣道の打ち上げでも食事に行った中華店が閉店するという話を耳にしました。
ここ数年で地元の食事処は殆ど閉店してしまいました。


一番驚いた事は、昔は近場に朝鮮部落が存在したということでした。これは今まで誰にも聞いたことがありません。
90近い方の若かりし頃の話は大変貴重ですね。

伝統の海苔養殖業で栄えた町も近代化、核家族化により別世界のように変わりました。
会を通して、この歴史の変遷を生の声にて資料を集め、作成する事が自分自身の使命かと思っております。

不調

かなり久々になります。

11月に入ってからずっと体調を崩し、長い風邪を2度拗らせて更に年末からインフルエンザAにかかり寝てばかりの年末年始でした。

その為、大晦日の神社の手伝いも出来ずじまいでした。


ここのところ大きなストレスは感じていないものの、免疫力がかなり下がっています。直ぐに喉を痛めるため、マスクを手放せず、好きなカラオケも躊躇してしまいます。

本当に寒いのは嫌いなので、早く暖かい季節が来て欲しいものです。




ちなみに直系調査の方では、高祖父母の実家に伺い進展がありました。人柄の良い当主ご夫婦で、いずれ当家に当主の方をお招きする予定です。

進水祝

ここのところ、三代目の妻の生まれである小松原家にお手紙を送りました。

メールで返事を頂き、とても興味深いお話をうかがいました。



「滑川家の船の進水を祝う手拭いがありますが、お持ちでしょうか?無ければお渡ししたいのですが。」


と。



その様なものは見たことがなかった為に、ぜひとも頂きたいとお願いして送っていただきました。

f:id:nameto:20191116194942j:plain


第一蓬莱丸は、四代目となる祖父が造船したものです。大森船大工の記録によると、昭和34年頃に造船したもので、以前『海苔船』でアップしたものです。

ほぼ、当時のまま保管して頂き、60年経った今でも綺麗な状態でした。本当にありがたいです。

ちなみに、母が昔に見た記憶があるそうで、残っていない現在を考えると年代的にも古くてボロボロになった為に処分されたと思われます。

頂いたものは、当家の歴史資料として大事に仏間に保管しておきます。



ところで、宝船の帆に『∧丹』と記載されています。丹の上の部分は「山形」と呼び、屋号や商標等に使用されているものです。

家印(いえじるし)とも呼び、当家だと丹右エ門なので「ヤマタン」と読みます。他の同姓と混乱しないように屋号をマークにしたものですね。


一般に目につく物で思い当たるのが山形にサで『ヤマサ』です。こちらは商標として使われています。




当家の屋根です。
鬼瓦に家紋の三ツ割木弧。
下の木材(名称はわかりません)にはヤマタンのマークがつけられています。
f:id:nameto:20191116200444j:plain


小松原さんには後日、古い当家に関する写真が残っていないか確認して頂き、当家には何故か残っていない祖父母の結婚の写真を頂きました。

最古のアルバムでも父が生まれた昭和28年からのものしかありません。
昭和27年に自宅で三日三晩祝ったと聞きます。当時の様子の写真、集合写真もあれば、古い分家・親族の人たちも載っただけに残念です。

更に後日、直接お会いしてお話を伺ったりまとめた資料を見ていただいたりしました。2歳で亡くなった祖父の姿やパワフルな現役時代の祖母の話を聞けたりと有意義な時間でした。


やはり、行動してみるにこしたことはありませんね。自分から遠い親族でも、思わぬ資料をお持ちだったり生の話を聞けたりと新たな情報を得ることが出来ます。

ちなみに、高祖父妻の生まれの大山家にも手紙をだし、そちらは分家でしたが当主の方が、本家当主の方へ紹介して頂き、「家系図があったから、探しておきます。」とのことで楽しみに待っている最中です。
面識が無くとも、事情を理解して頂いて協力して頂けるのは嬉しい限りです。

皇大神宮

編集中でかなり手付かずでした。
先月、中旬に三重県伊勢神宮の内宮といわれる皇大神宮に行ってきました。
当家に2枚の証書が残っています。

一枚は
二代目が本家新築の際に神楽殿にて祈祷を受けたもの。90年前ですね。
f:id:nameto:20190918221625j:plain

壹圓=一円
昭和2年時だと大体2、3000円という記事を見ました。一日の大工の手間賃が4円、日雇い労働者が2円とおおよその事が記載されていましたが、中々当時と現代を比べる正確な数値を出すのは難しそうです。


変わってもう一枚は
三代目が第60回の式年遷宮に参加したというものです。

f:id:nameto:20190918221843j:plain

20年に一度行われる神殿の立て替えで、現在は平成25年に62回の遷宮が行われています。これは1300年も続いているそうです。

f:id:nameto:20191006215327j:plain


こちらが神楽殿。見事な造りです。
f:id:nameto:20191006215922j:plain

f:id:nameto:20191006220034j:plain

ちなみに、
神宮まで五十鈴川駅から歩いて3kmほどでした。道中の町並みも十分楽しめます。
f:id:nameto:20191006215429j:plain

赤福の店がありました。
創業宝永4年とは驚きです。
f:id:nameto:20191006215735j:plain


一通り観光してから雨が降り始めました。
そして宿をとった二見浦まで向かいます。

無人の駅に着いたらバケツをひっくり返したように大雨が降った為、しばらく雨宿りしました。

f:id:nameto:20191011215719j:plain

宿は素泊まり、貸し切り温泉付きの宿に泊まりました。海の近場の宿に泊まったら翌日の朝日を楽しみにします。

5年前に両親と一緒に行った静岡県白浜の見事な朝焼けは今までで一番綺麗な光景だと目に焼き付いています。


幸い、次の日は晴れて5時過ぎから歩いて向かい、海沿いの夫婦岩の朝日を楽しむことが出来ました。
f:id:nameto:20191011220630j:plain
f:id:nameto:20191011220717j:plain
f:id:nameto:20191011221016j:plain
f:id:nameto:20191011221107j:plain
鎌倉時代から続くすごい歴史です。

f:id:nameto:20191011221925j:plain
f:id:nameto:20191011222235j:plain

一通り堪能した後にチェックアウトし、再び夫婦岩の道を向かい、明治20年に造られた賓日館を観光。

f:id:nameto:20191011222934j:plain
f:id:nameto:20191011223009j:plain


夫婦岩の奥の道を突っ切り伊勢水族館に行ってきました。
f:id:nameto:20191011223150j:plain

お土産屋、食事処も色々とあります。
f:id:nameto:20191011223510j:plain
f:id:nameto:20191011223408j:plain

水族館では面白いものが見れました。
f:id:nameto:20191011223645j:plain
f:id:nameto:20191011223711j:plain

アザラシの赤ちゃんは好奇心旺盛でこちらをじっと見てきます。
f:id:nameto:20191011225451j:plain


朝が早いと一日が長いです。観光も楽しみ、帰路につきました。今回判明したことは神棚にある「天照皇大神宮」の掛け軸が証書の日付でもあった為に、この時に貰ったんだと知り得ました。
いよいよ、所縁のある寺社は残すところ明治神宮高野山になりました。前者はいつでも行けるので先伸ばしにしています。
今年度中にはどちらも行ってこようと思います。

大森神社祭礼

先週日曜に今シーズン最後の祭礼外交に行ってきました。
同日に天祖諏訪神社の祭礼も行われていましたが、夜勤明けで昼に帰ってきたので、一休みして夕方より大森神社の祭礼に合流してきました。
ここの担ぎ方も江戸前神輿です。


こちらの神輿には太鼓があります。f:id:nameto:20190918175513j:plain
神輿が上がる前からお囃子の人が叩き始め、巡行は勿論休憩で御輿が下がるときまで代わる代わる叩き続けます。


以前紹介した旧東海道である美原通り周辺を巡行します。休憩時には享保元年創業である和菓子屋の餅甚さんのおもてなしがあり、美味しい羊羮を頂きました。

f:id:nameto:20190918180405j:plain


次第に暗くなり宮入が近づきます。f:id:nameto:20190918180549j:plain



宮入前は一旦神輿を下ろし、
注意事項等を聞いた後に人が三人担ぎ棒に乗って一本締めを行い宮入に移ります。
地元で人が乗る神輿は初めて見ました。
f:id:nameto:20190918181003j:plain

f:id:nameto:20190918181116j:plain




これで令和元年の祭礼外交は終了しました。
青年会では今月末に定例総会が行われます。

その後は大晦日や初午祭等の準備が始まります。
今年も残すところ3か月少しとなりました。月日が経つ事を本当に早く感じます。
陽気も冷えたので体調を崩さないようにしたいものです。