大森海苔 丹右ヱ門の記憶

~300年の歴史がある海苔漁場であった大森の過去と現在~

NHK

整理してたら出てきました。

f:id:nameto:20201124233607j:plain

昭和47年にNHK取材で祖父が出ました。
夜の船大工というタイトル。丁度海苔養殖が終わって約10年が経った時です。


これはテープですので、音声のみ。映像は放送されている時に祖父が写った1シーンのみ写真で残ってました。
祖父は2歳の時に65歳で脳幹出血で急死したので、声が聞こえるのかと興奮しました。

結果ですが、「ザーザーブツブツ‥ザーザー。」という感じで、砂嵐音声のみが続き何とかアナウンサーのような語りが聞こえる程度でした。

これはがっかりです。存在価値はあるのか疑問に思う位のものでした。
NHKで映像が残ってないかネットで過去を調べましたが、古い映像が多く残ってる中、何故か全くヒットしませんでした。残念です。

ただ、この年代は組合長であった曾祖父が生きていたので、漁業補償のニュースでもしかしたら映っている映像があるかもしれません。曾祖父の生きた映像も見つかれば見てみたいものです。

日本紳士録

Wikipediaより
紳士録(しんしろく)とは、官僚、大企業の役員、芸術家など著名人のうち、存命で活躍している人物の情報を掲載した本を指す。

生年月日と出身地、最終学歴はもちろん、刊行時点での居住地、場合によっては家族情報や趣味などの個人情報が記されていることもある。「Who's Who」や「人名年鑑」とされていることもある。福沢諭吉が提案した。

とあります。

戦前はこちらに名を記載されることが社会的ステータスのようなものであったらしいですね。しかし、後に詐欺に使われる事が増え、個人情報の取り扱いからも記載拒否する人が増え、明治22年からの歴史は平成19年で休刊となりました。


そんな日本紳士録ですが、インターネットで見れる国会図書館デジタルアーカイブにて二代目助次郎の名前を調べたら記載されておりました。先代丹右ヱ門は無かったものの、昭和7年から見つかっています。

f:id:nameto:20200905122722j:plain

●は所得税
▲は当時の電話番号
です。

ちなみに、Wikiにあった学歴・趣味・家族構成等は載っていませんでした。同史料の中に、今では消された族称が載っている人もいました。
紳士録で名前が見つかったものの、新たな情報は当時の所得税と電話番号のみとなります。少々期待しただけに収穫は小さかったですね。

ちなみに、この電話は分家先で懸賞に当たったもので、「本家の方がよく使う」という理由から譲り受けたものだと長老から聞きました。
昔、家にあった壁掛け電話は近所の人もよく使ったそうです。

他、先祖を調べるルーツで大衆人事録・人事興信録というのもありまして、紳士録より詳しく情報が載っていますが、他では残念ながら当家の記録に繋がる史料はありませんでした。

滑川姓は戦国時代に茨城から秋田へ移動した記録はありますが、この東京の記録はありません。
人伝に聞いた話では、菩提寺の先代住職が鎌倉から来たと言っていたそうですが詳細は不明です。
恐らく徳川家と海苔採取業が関わっての事かと思いますが‥

他、戦前の内閣である立憲政友会の史料に滑川丹右衛門の名が該当しましたが、肝心のその史料が見付かりません。恐らく名前だけの記載でしょうが、気になるのでいずれ見つけて行こうかと思います。


というわけで、案外知らないものの図書館の史料に先祖が載っている可能性があるというお話でした。
気になった方はGoogle検索ツールの書籍という項目で先祖の名前を検索してみてください。
思わぬ発見があるといいですね。

分家

前回から早くも3ヶ月経過してしまいました。
この間に色々あり、一部記事を非表示にしました。


年が明けてからコロナの驚異で遠出も出来ず、モチベーションも下がりつつあります。
地元青年会の活動は当面自粛。祭礼も勿論中止です。無形文化財となっている水止舞も中止になりました。

昔から代々続いている行事の中止や、商売を辞めなくてはいけない方も増えており非常に厳しい世の中になってきました。今後観光業界も心配です。



そんなわけで、今回は分家についてです。

一族の繁栄には分家が重要になってきます。
最近、ふと考えたら当家は分家が少ないのではと思いました。

年代を遡っていくと、
江戸時代の分家は不明です。嫁いだ人が多かったのかな?

①明治に入って明治6年生高祖父の傍系は弟が3人。内、一人は入夫婚姻により姓が変わっています。こちらの系統は現当主が未婚の為断絶となります。故に2件の分家。

明治35年生曾祖父の傍系、弟が2人。内、一つは現当主が未婚の為断絶。しかし、姉が婿養子婚姻をされています。その為2件の分家。

③大正15年生祖父の傍系は、1人が高祖父の関係に入ったので現在1件の分家になります。

④昭和28年生父の傍系、弟が2人。しかしながら、皆女性の為分家は無し。

そして、私弟が結婚すれば1件の分家になります。


明治に入ってから分かる限り(明治25年以降)だと、単純計算で5件~となっていますね。
昭和初期辺りまでの兄弟が多い時代でも、この数です。男性の生まれや早世の影響で大きく変わっていきますね。

しかしながら、少子化の世の中。今後は三人兄弟でも多い方になるため、核家族化の影響も含めて本家・分家という言葉も無くなってきそうですね。
因みに、戦後変わった民法上分家というものは実態ではなくただの通称になります。


現状、甥っ子でわかる限りの直系8代目になりますが、結婚や男児が生まれれば9代目に。女児のみだと、婿養子をとるのかどうか‥20年以上先の話ですが、ついつい考えてしまいます。

そして、自分が元気で長生きして、うまく甥っ子の子供が見れればぎり10代目を見れる事になります。その時は元号が新たに変わってる可能性もあり、海苔時代を知らない私が最年長になれば、これまで多くの方から聞いた話がより貴重なものになるでしょう。

そのようなわけで、一族の生き字引として、次世代の者に話を継いでいくのも面白い生き方かもしれませんね。まだまだ先の話ですが。
例え、それなりの年で最期の時を迎えても、調べた・聞き込みしてきた事は資料に残してあるので心配無しです!

よくスポーツでも言われる

継続は力なり。

先祖調査に擦り合わせると

継続、つまり世代継承して行くことは力、

すなわち大切な事になるのだと感じたのでした。

お宝写真発見

先日家を整理した際に、もう無いかと思っていた昭和初期の古い写真が沢山出て来ました。

その中で貴重な海苔時代のものが複数あり、大喜びです。


その中の一つ、海苔が終った時の記念を浦守稲荷神社に奉納した写真がありました。
祖父はそれぞれ古い写真の裏に、年代や詳細を書き込んでくれているので当時のどのような背景で撮影されたかが良く分かるのでありがたいです。

f:id:nameto:20200325132329j:plain

写真の裏にはこの様に記されていました。

『昭和参十九年五月吉日 浦守稲荷神社の社殿の前にて、徳川時代より三百有余年の長きに渡り、先祖代々により営み受け継がれてきた全国随一の本場浅草海苔の名産地である大森漁業協同組合の漁業が昭和参十九年日本で初めてオリンピックが開催される為に、羽田空港と都心を結ぶ高速道路1号線建設の為に国と都に漁業権を買い上げられ我々組員は漁業補償によって先祖伝来の乾海苔採取業として最終のピリオドを打った。 東川丁場、甲東川一部、二部、浦守丁場、乙東川一部、二部、三部、森ヶ崎丁場 右の各丁場の名称と組合員の氏名の記念』

そして、当丁場19名の名が記載されていました。



漁場権放棄に関する議題で当時の漁業組合は荒れに荒れたそうです。小さい頃より海苔採取業を行ってきて、それが一切出来なくなると死活問題です。補償金は出るもののいつまで持つか分かりません。
因みに、都から補償金として330億円が決定し、世帯によって金額が決定していきました。

今年はオリンピックが延期しましたが、これは前回のオリンピックでの話。昔の写真をずっと見ているとそう遠くない事のように思えます。

船の錨

海苔が終わって約60年、蓬莱丸の錨と思われるものが今でも家にあります。

かなり錆が酷いです。

f:id:nameto:20200320011143j:plain

当時の海苔文化の物は文化財に指定されているため、資料館に寄贈するか悩んでいますが
家に現存する数少ない海苔時代の物のため
家に置いておくことにしています。

昔の物で、地域に寄贈したもので知っているのは大森第四小学校の餅つきに使用する臼だけです。

海苔の道具も寄贈したと聞いたような気がしましたが、事実確認ができずに叔父から聞いた話だと「海苔が終わったら毎日のように燃やしていたよ」と耳にしたときはがっかりしたものです。

海苔漁が出来なくなったとなれば無用の長物のためどんどん処分される海苔養殖の道具たち。

このままでは当時の文化の記録がなくなってしまうと危惧したのは大森第一小学校の教諭であった田口久雄先生。

この方の運動のお陰で、今でもいくつもの資料が残されています。


このように先人の苦労・生活・姿という歴史を残していくことを大事に思っている人がいるからこそ、文化財というものは残っているのですね。

昔からあるものを捨てるのは簡単、保存していくべきものを見極めて残していくというのも子孫にとって大切な事かもしれませんね。

東友会2

昨年の新年会より、早一年が経過しました。
例年、1月の3、4週目に明治創業の天ぷらの店「天仲」で芸者を呼んでの新年会を行いますが、残念ながら先客が予約済みで今年は大森駅ヴェルポートの中華店「銀座アスター ベルシーヌ大森」にて食事をしました。

ここは7年程前に家族で行った思いでの場所でもあります。


今年は役員改正の年であり、3年を一期とする幹事となりました。後日の役員会では重要な金庫番の会計も合わせて担うことになり、後日引き継ぎ作業を行い中々大変になりそうです。


そして、いよいよ来年は100周年を迎えます。
地域でここまで歴史のある会は大変貴重です。大先輩方は現状、会員で亡くなられた方の法要及び周年の食事を考えられていますが、自分は更に会の歴史をまとめた資料集を作成することを発案しております。

大正10年10月より世代交代で100年継続した訳ですが、初期の資料を保管されているお宅は限りなく少ないと思われます。
発起人の名簿や発足に至った経緯などを知る方は極々僅かです。

聞き書きや、現存する資料の内容、歴代の会長や、世代交代の関係、周年行事の写真などをまとめることにより、中々のものになると思われます。
あると無いとでは全く異なり、大先輩方にも懐かしがって頂ける事かと。

後日の役員会ではそこのところを先輩方に意見を頂きたいと思っております。




初めての役員会では、引き継ぎ・食事の後に昔話が繰り広げられていました。
どれも初めて耳にする事で7、80年前の地元の全く異なった様子を聞けました。
今では肉屋、パン屋、中華屋、魚屋だけになった商店街。当時は大変栄えており、現在建て売りが並ぶ住宅街にずらーっと店が続いていたということを知りました。
幼少期にあった食器店、和菓子屋、呉服屋、八百屋はコンビニや大型の商店が出来てから次第に姿を消していきました。
そして、今まで青年会でもよく利用し、中学時代剣道の打ち上げでも食事に行った中華店が閉店するという話を耳にしました。
ここ数年で地元の食事処は殆ど閉店してしまいました。


一番驚いた事は、昔は近場に朝鮮部落が存在したということでした。これは今まで誰にも聞いたことがありません。
90近い方の若かりし頃の話は大変貴重ですね。

伝統の海苔養殖業で栄えた町も近代化、核家族化により別世界のように変わりました。
会を通して、この歴史の変遷を生の声にて資料を集め、作成する事が自分自身の使命かと思っております。

不調

かなり久々になります。

11月に入ってからずっと体調を崩し、長い風邪を2度拗らせて更に年末からインフルエンザAにかかり寝てばかりの年末年始でした。

その為、大晦日の神社の手伝いも出来ずじまいでした。


ここのところ大きなストレスは感じていないものの、免疫力がかなり下がっています。直ぐに喉を痛めるため、マスクを手放せず、好きなカラオケも躊躇してしまいます。

本当に寒いのは嫌いなので、早く暖かい季節が来て欲しいものです。




ちなみに直系調査の方では、高祖父母の実家に伺い進展がありました。人柄の良い当主ご夫婦で、いずれ当家に当主の方をお招きする予定です。